脱水症の手前?

暑くなり、足がつるとお話しされるお客様が増えています。

電解質が不足しているのでしょうか・・・。

お客様のご様子はもしかして「脱水症」の手前?になるのかな?と思うことがあります。

脱水症は「体の水分が失われているだけではなく電解質も同時に失われた状態」のことで様々なダメージをもたらします。

水分を喪失とは、血液の不足、血流の低下です。

→その結果、集中力の低下や食欲不信が起こります。

電解質が喪失とは、骨や筋肉から電解質が喪失することです。

→結果、足のつり、しびれ・脱力という症状が起こります。

体液に含まれる水分と電解質は生命維持に不可欠な働きをしていますので脱水症となると様々なトラブルが起こります。

脱水症には体液の浸透圧の違いで症状や対処が変わります。

水分と電解質の状態によって対処がだいぶ違うようですよ。

 

体が重だるかったり疲れやすかったりすることも脱水症の症状なのかもしれません。

水分や電解質の補給忘れずにしたほうがいいみたいですね(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WEB予約はこちら >
SuayLomは完全予約制、予約状況を確認のうえお好きな時間にご予約できます