古くて新しい

タイ古式マッサージは古くて新しい施術。

タイ古式マッサージの起源は2500年前、仏陀の主治医であったシヴァゴ医師が医療として施した「食事・薬草・マッサージ」の一つ。

「慈悲の心」を持って患者の心と体を治療することが根本として伝統的医療として始まりました。

タイ古式マッサージは長い歴史の中では戦争もあり、重要な記録資料が何度も破壊されてしまっていますが、その苦難は口伝を経て現在まで受け繋がれています。

その中でタイ人の「良いものなら取り入れていく」というおおらかな考え方のおかげで異文化の良いと思われるものはどんどんと取り入れられ、現代の形となっているのだと思います。

そいういった経緯も踏まえてSuayLomは、タイ人にはタイ人に会うタイ古式マッサージ、日本人には日本人にあうタイ古式マッサージがあり、現代の日本人の心と体、社会環境にに合わせタイ古式マッサージのプログラムを作りあげていくことが大切であると考えています。

SuayLomはタイ古式マッサージの枠にとどまることなく、いろんなマッサージ、医学、社会情勢、気になることは常にアンテナを張り勉強、研修をしております。

目の前のお客様に一人でも多くリラックスしてもらえることを願っていまに至っています。

単純で簡単な技でも感動を与えられることのできるタイ古式マッサージがとても大好きです。

この素敵なマッサージをたくさんの方に受けてもらいたいと思っております。

おいでくださいますのを心よりお待ちしております。

SuayLom代表小森美千代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WEB予約はこちら >
SuayLomは完全予約制、予約状況を確認のうえお好きな時間にご予約できます